爪水虫基礎知識

爪水虫の自宅治療のポイントと自宅ケア

投稿日:

清潔にしていても、いつの間にか爪水虫になってしまったという場合もあります。特に爪水虫の場合は、痒みなどの自覚症状がないので、たまたま自分の足を見たら爪が白く濁っていたという場合もあると思います。病院に行くことをお勧めしますが、時間がなくて行けない時や、恥ずかしくて行けないという時でも、自宅でも出来るケアをご紹介したいと思います。もしも爪水虫になってしまったら、自宅でできる自宅療法をご紹介したいと思います。

 

爪水虫 自宅ケア洗い方は?

爪水虫は爪だけにできるものですが、皮膚や爪全体をケアすると効果的です。白癬菌が繁殖しにくい皮膚環境を作りには、じめじめした環境を作らないことが望ましいです。帰宅後の自宅ではなるべく足が蒸れない状態にしたいので、履いていた靴下やストッキングなどを脱ぎます。出来ればこの時に、石鹸で足を優しく洗い流します。シャワーなどの流水で石鹸かすが足に残らないように、しっかりと流すことも大切です。その後タオルで湿りを拭き取り、しっかりと乾燥させます。

 

爪水虫の感染を防ぐには?

家族や複数の人と共有しているバスマットなどは、感染する恐れがあるので避けた方が無難です。自分の足を拭いたタオルはその都度交換して洗濯すると、白癬菌の繁殖を防ぐことが出来るでしょう。スリッパなどの履物も、白癬菌が付きやすい場所なので共有することは、避けた方が良いと言えます。1日中靴を履いていると靴の中は、とても蒸れて白癬菌が増えるにはもってこいの環境になります。足はコップ一杯の汗をかくといわれているので、当然靴の中も湿気が溜まりやすくなります。出来れば2足の靴を1日交替で、履くと休ませた靴が乾燥しやすくなるので、蒸れにくくなります。休ませた靴の中に靴用の乾燥材などを入れておくのも良いかもしれませんね。

 

爪水虫自宅療法

お風呂上りに爪水虫に直接薬をつけるのは、大変有効な方法です。白癬菌は乾燥した場所では、繁殖することが出来ません。爪水虫は爪という薬が浸透しに居場所です。たっぷりと塗った薬が浸透して効き目が発揮できるように、扇風機やドライヤーの冷風などで、しばらく乾かすと良いでしょう。自宅で靴下を履く場合は、蒸れにくい5本指の靴下がおススメです。1本1本が独立しているので、蒸れる心配がなく乾燥しやすくなります。

爪水虫の市販薬についてはこちらのサイトでわかりやすく紹介がありますので、よろしければどうぞ。

爪水虫のネットで購入できる市販薬はコチラ

 

諦めないで爪水虫!

最後に爪水虫を治すには、時間と根気が必要です。爪が全て生え変わるまで、個人差はありますが早くても、6か月くらいは時間がかかりそうです。爪の白い部分が全て生え変わって透明な爪が生え変わると、爪水虫が完治したような感じがします。しかしここで油断は禁物です。透明になってもしばらく治療を続けることが大切です。再発予防のためにも、1日に1回は必ず足を洗っておきたいものです。白癬菌は皮膚のカスに生息するので、こまめな掃除も再発防止になります。諦めず自宅でのケアと治療を続ける事で、爪水虫は治すことが出来そうです。

 

-爪水虫基礎知識

Copyright© 爪水虫を自宅で治す方法!病院に通わず自力で完治した口コミ体験談 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.